2007年02月12日

お歳暮のこと

こんちは!

このブログのメインテーマ、お歳暮の起源を調べました。

歳暮(せいぼ)とは、文字通り年の暮れ、1年の終わりを告げる季語で12月の季語でもある。

一般には、暮れに世話になった人に対し感謝するなどの歳暮周り(せいぼまわり)と呼ばれる年中行事が行われる事が多い。 このときに贈り物がされ、この贈答品がお歳暮と呼ばれ、現在では「歳暮」「お歳暮」といった場合、この贈答品、または贈り物の習慣を指すことが一般的である。近年ではこの習慣を不要と考える人も増え、廃れつつある習慣である。

本来は直接訪問して贈り物をするものであるが、近年では百貨店などから直送(実際には宅配便のシステムを利用)で相手方に贈られることが多い。

多くの商品が贈答にされる為、この時の賑わいを歳暮商戦(せいぼしょうせん)、御歳暮商戦(おせいぼしょうせん)などと言う場合もある。 この時の贈答品は主に、新しい年を迎える為に必要な物を送ることが多かった。具体的にはある程度保存の利くアルコール飲料(ビールやウィスキーなど)、コーヒー、ハム・ソーセージといった食品が多いが、クール便の拡充によって魚介類や牛肉などの産直生鮮食品もギフト用に使われるようになった。近年では相手先での商品の選択を可能とする目的で、商品券や引換券を贈る場合もある。

この時期に贈る品物には紅白の水引と、熨斗アワビの飾りまたは代わりのマークを付けて贈る。注意しなければいけないのは、この時に付ける水引の形で、蝶結びにしなければならない。

ウィキぺディアから引用

なるほどなるほど。
【関連する記事】
posted by オセ at 14:13| Comment(6) | TrackBack(1) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛風ってなんなの?

ビール愛好家の敵、痛風、調べてみました。


・痛風の原因は激痛を引き起こすのは、白血球が尿酸ナトリウムの結晶を異物と見なして攻撃するからです。この白血球が活性化していき、組織が炎症を起こすんです。

尿酸の原料はおいしいものに多く含まれているという「プリン体」です。

・尿酸が溜まる仕組みですが、口から入ったプリン体は、一部が吸収され、肝臓で分解され、尿酸になりますが、それほど多くはありません。

実は、体内から多くのプリン体が作られてるんです。
細胞の新陳代謝によって、こわれた細胞の核からプリン体がたくさん出てくるからです。つまり、尿酸の原料の多くは、自分の体の細胞から生まれたプリン体なんです。

肝臓で作られる尿酸のうち、食べ物によって作られる尿酸はおよそ4分の1と言われています。そのため、食事中のプリン体が多少増減しても、その影響はあまり大きくないのです。ただし、高プリン体の食べ物を長期間、大量にとり続けた場合は、その分だけ尿酸は増えますが・。

・体内でプリン体が作られる主な原因は、激しい運動、ストレス、アルコール
posted by オセ at 12:08| Comment(11) | TrackBack(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。